倉庫業務を行う時にはこんなところに注意!

機械の回転部分には要注意!

国内には様々な形の倉庫があります。各倉庫においてはいろいろな管理の仕方があり、倉庫のあり方は各倉庫によって違います。商品をネステナーでパレット管理している倉庫もありますし、自動倉庫と呼ばれるシステムを取り入れている倉庫もあります。現在、各地にある倉庫はこうした機械を取り入れることによって、自動化を図ろうとする動きが頻繁になっています。機械を導入する上で一番注意すべき点を言えば、機械の誤操作による事故です。機械を使う時は、機械の回転部分には十分気を付けて取り扱わないといけませんよね。

「忙しいから…」は理由にならない!

事故が起きた時は、「忙しかったから…」ということでは理由になりません。倉庫にはたくさんの在庫を管理するために、縦横無尽に棚が張り巡らされていますから、通路なんかも非常に狭かったりするんです。構内の安全を図るためにも、一時停止は必ず行いましょう。曲がり角付近においても、指差し呼称を実践していくべきですよ。忙しい倉庫ほど事故に注意しなければなりませんし、事故撲滅の意識も必要なんです。倉庫内伝票室のプリンターも機械ですから、用紙切れや紙詰まりなどを起こした時は、怪我をしないように安全に対処すべきですよ。

倉庫内にはエアコンなどない…

私たちが良く使っている家電電気製品もたまに故障したりしますよね。故障した場合には、各電気製品メーカーの部品供給センターに修理部品の受注が入ります。部品を管理している倉庫では、こうした修理用の部品を修理マンに届けたり、修理サービスのセンターなどに修理に必要な部品を出荷しています。倉庫にもいろいろありますが、電気製品の部品などだと温度管理を必要としないので、エアコンなど使わないのが当たり前です。そのせいもあって倉庫内自体が夏は暑く、冬は寒いというような温度環境になっているところも多いんです。特に夏は脱水症状や熱中症になりやすいので、健康管理や自己管理をしっかり行うように心掛けるようにしましょう。

3PLの魅力とは、物流機能をプロの業者に任せる事で、自社では物流に関しての余計なコストを負う必要がない点にあります。