電気製品を長持ちさせる!電気製品の扱い方3種

丁寧な扱いで長持ちさせる

電気製品は便利で生活に欠かせないものですが、万能ではありません。当然乱暴に扱ったり、強い衝撃が加わると一瞬にして壊れてしまうことがあります。なので、ボタンを真ん中で押したり、掃除機を壁などにガンガンぶつけないなど丁寧に扱う必要があります。乱暴な扱いが電気製品にとってはボディーブローのようになり、ある日突然動かなくなってしまいます。昨日まで使っていたものが急に使えなくなるとストレスが溜まるので、日ごろから丁寧に扱いたいですね。

水がかからないように注意

電気製品全般に言えることですが、とにかく水には弱いです。パソコンなど高価な物であっても、水が1回かかるだけで故障してしまいます。掃除にしてもレンジにしても、水がかかることのないように注意したいですね。また、一気に水がかからなくても常に湿気はあるので気は抜けません。特に窓際など湿気の影響を受けやすいところに電気製品を保管してしまうと早く悪くなる可能性があります。最近では水に強い電気製品も増えていますが、基本的には相性が悪いです。

熱くなるまで使うのはNG

電気製品を長く使っていると熱くなってきます。パソコンにしても、携帯電話にしても必ず熱が発生します。熱が発生して熱くなっているのは、それだけ負担がかかっている証拠です。そのまま使い続ければ故障も早まります。電気製品は電源を入れればいつまでも使える気がしますが、電源を入れたらずっとそのままではなく、適度に切って休ませることを意識したいですね。本体の熱が弱まってきたら、また電源を入れて作業を開始します。

プリント基板設計とは電子回路構築の重要要素で、固い絶縁体上に銅の薄膜を貼ったり、スルホール部品を使ったりします。