理解しておきたい?!フランチャイズ制度が持つ重要点とは

根強い人気があるフランチャイズ制度

フランチャイズというフレーズがブレイクし始めたのは数十年前からですが、日本国内に最も先駆的なフランチャイズとしては、現在なくてはならないコンビニになります。少し前からトレンドになり始めた思ったものの考えている以上に歴史があることに衝撃を受けている方もいらっしゃると考えられます。それだけ、ビジネスモデルとして、支持されてきたといえます。フランチャイズはブームですが、その要因は不況に手強いと言う点です。会社員を退職して敢えてフランチャイズをスタートする人も多いです。

フランチャイズ制度が持つ魅力

フランチャイズの長所についてですが、まず第一に、当然もう十分有名な名前を活用することができる部分と言えます。仮にご自身のネーミングを使って販売店を起業してもスタートで失敗してしまう可能性が高くなります。そういった部分では、フランチャイズは従来からブランド化が施されている販売店の名前を用いることができることから、オープン初日からたくさんのお客様が来るということが実現可能ということです。問題がなければそれ以降もお客さんの総数は増加し、売上高がアップするだろうといえます。

フランチャイズ制度特有の課題について

フランチャイズはブランド名を活用することができると言う有益性がある一方で、課題も見られます。それは、費用を出しさえすれば同一の販売店をもつことを可能にするところです。簡単に説明しますと、あなた自身がフランチャイズを開始したときには周囲には同様の販売店は全くなかったことから収益を独占できます。しかし、同一の加盟店が周囲にでき始めるとお客さんが拡散するのです。そういうパターンのときには、販売店で働く方の持ち味を出して行くぐらいしかありません。

代理店とは本店とは別に代理で商品を扱っているお店の事を言います。本店が家の近くになくても手軽に買い物出来ちゃいます☆