営業社員もアウトソーシングする時代?営業代行会社がブームに

営業代行会社が続々と登場中

近年、営業代行会社が続々と登場し始めています。今まではこうした会社はほとんど見受けられなかったのですが、アウトソーシングの流れが加速して、今では有力な会社だけでも数十社に上ります。小さなところも含めれば、その数は数十倍にもなるでしょう。こうした会社には、営業を得意とするプロフェッショナルが多数在籍しています。電話営業からセールス、ネット上での広報活動までさまざまな仕事を引き受けてくれるので大変便利だと評判です。

営業代行会社を利用するメリットとは?

このように多数存在する営業代行会社を利用することで、どんなメリットが得られるのでしょうか。端的に言えば、人件費の削減の効果が得られます。自社で社員を雇うと、どうしても人件費が高くついてしまいます。営業部門だけでも数人から十数人、大企業なら数百人という数の社員を抱えなければなりません。それぞれに社会保険料もかかりますし、ボーナスも支払わなければなりません。営業代行会社で人材をアウトソーシングすれば、こうした費用は支払う必要がなくなります。

ベンチャー企業も頼りにしている営業代行会社

ベンチャー企業はどこも若くて、社員数も多くないのが普通です。技術者から優先的に採用していくので、なかなか営業マンを揃えることができません。しかも、新人の営業マンはプロになるまでに三年程度かかるのが普通です。即戦力の営業マンを採用するのは難しいので、こうした会社なら営業代行会社を活用する意味があるでしょう。営業代行会社には、すでに経験豊富な営業マンが揃っています。ベンチャー企業でもいきなり最高レベルの営業力を手に入れることができるので最高ですね。

営業代行とは、その名の通り様々な営業を代行することであり、そのほどんどが完全報酬型として賃金を受け取っています。